耐震補強工事の費用の内訳は、主に、解体費用・補強費用・復旧費用の3種類です。

仮に、100万円の耐震補強工事とリフォーム工事を別々に行った場合、当然200万円が必要となりますが、同時に行うことで解体費用と復旧費用を共有できるため、4割前後のコスト削減、つまり、160万円くらいで出来ることになります。

リフォームを行なう場合は、構造の強化を行なう貴重なポイントです。せっかくのリフォームを行なう場合は、構造面も考慮し大切な家のリフォームを行いたいものです。

耐震補強工事で多い工事は、今までの施工実績の中を大きくわけると3つの補強箇所があることがわかります。

  1. 基礎の補強工事
  2. 壁の補強工事
  3. 接合部の補強工事