地震の知識と発生の仕組み

マグニチュードと震度の違い

マグニチュードによる地震の大きさ地震を引き起こすのはエネルギーです。そのエネルギーの大きさを示すものが「M マグニチュード」です。M マグニチュードの数値が高ければ高いほど、大規模な地震となり、マグニチュードが1つ増えるとエネルギーは約32倍、2つ増えるとなんと約1000倍にも大きなエネルギーとなります。

そのため、地震のエネルギーの大きさを表す場合には、M マグニチュードを用います。

震度の大きさ

これに対して、「震度」とは地面の揺れの大きさを示すものです。1つの地震に対して、場所ごとに様々な震度が存在します。

マグニチュードが大きくても、震源から離れていれば、震度は小さくなり、逆にマグニチュードが小さくても、震源に近ければ、震度は大きくなります。震度は0~7までの数値で表し、5と6には強と弱があります。例えば「震度6弱」の地震発生のように言います。なので全部で10段階になります。そして、地震発生時には、気象庁が主だった場所に設置する震度計で測定された震度を発表します。

気象庁震度階級解説表

地震の発生の仕組み

地震とは、地下の岩盤が割れてずれる現象です。その原因は、プレートの動きによって絶えず掛かっている力に耐えかねる状態になることによります。
プレートは、地球の表面を覆っている10数枚の板のようなもので、数十億年という長い時間をかけて、すれ違ったり、潜り込んだりしています。

海のプレートの動きは年に数センチという極めてゆっくりした動きですが、確実に動きが継続しています。
日本付近のプレート図海のプレートが潜り込む時は、陸のプレートは引きずり込まれるように一緒に動きます。でも、突然引き込む力に耐えられなくなって、プレートとプレートの境が引きちぎれて、陸のプレートが跳ね返ります。
これが「海溝型地震」とよびます。


私たちの住む日本列島は4つのプレートの上に位置する為に、地震大国となっているのです。現在では、人の体に感じる有感地震だけででも年に1100回以上観測され、1日平均3から4回の割合で、日本のどこかに地震が起きている事になります。 絶え間なく動く海のプレートに陸のプレートが引きずられる「絶える期間」と一瞬にして引きちぎれる「地震の瞬間」が繰り返し起きるのです。
地震発生のプレート構造

海のプレートを動かす力は、より地球内部のマントル対流というもので、人類の時間からすると絶えることのないものです。したがって、地震を起こす原因は変わらず、一定の時間間隔を置いて地震が繰り返します。

一方、プレートの動きとの関連性は明らかになっていませんが、日本の各地には活断層という現在も活動している断層があり、その断層が動いて時に起こると言われている「直下型地震」 があります。この直下型地震は、地震の規模としては海溝型地震よりも小さいのですが、地表に近い所で起こる為に激しい揺れを伴います。また地表直下で起こる為に前触れがほとんどなく、いきなり大きな揺れが来ることになります。1995年の阪神・淡路大震災(M7.3)、2004年の新潟中越地震(M6.8)、2005年の福岡西方沖地震(M7.0)は、この直下型地震でした。

熊本県の活断層

熊本県の活断層◆活断層とは?

「最近の地質時代に繰り返し活動していて、将来また活動すると考えられる断層」 「最近の地質時代」とは、地質時代の最も新しい区切りである「第4紀」をいい、概ね200万年前から現在までです。

◆活断層の性質

  • 間欠的に活動する
  • 1つの活断層はいつも同じ向きにずれる
  • ずれの早さは断層ごとに大きく異なる
  • 1回のずれの最大の大きさは数メートル
  • 活動間隔やずれの量は断層ごとにほぼ決まっている
  • 活動間隔は非常に長く、短くても1000年
  • 長い断層ほど大きな地震を引き起こす
  • ずれの方向には広い範囲で規則性がある



◆活断層の種類
活断層は、ずれの形態によって、次のように区分されます。 
正断層 断層面に沿って上盤がずり下がったもの 正断層
逆断層 断層面に沿って上盤がずり上がったもの 逆断層
横ずれ断層(絵は右ずれ断層) 断層面に沿って水平に動いたもの 横ずれ断層



◆活断層の確実度

活断層であることの確かさを「確実度」といい、次のように分類されます。
活断層の確実度 確実度Ⅰ 確実度Ⅱ 確実度Ⅲ
表記 ───→

┬┬┬┬

────
───→

┬ ┬ ┬

─ ─
────────
説明 活断層であることが確実なもの 活断層であると推定されるが、基準地形がないなど決定的な理由がないためにⅠよりは活動度の低いもの 活断層の可能性があるが、他の原因による浸食地形の場合も考えられるもの
県内の活断層の例 布田川断層、菊池断層、日奈久断層、白木断層、鞍岳断層群、原倉断層、熊ノ岳断層 緑川断層、水俣南断層群、新深田断層、波野断層、尾田断層、大観峰断層、産山断層 年の春
瀬高─内野



◆活断層の活動度

過去において活断層が動いた程度を、平均的なずれの速度で表したものを「活動度」といいます。
活断層の活動度の

分類
第4紀の平均変位速度S(単位:m/1000年)
A級
10m>S≧1m
B級
1m>S≧0.1m
C級
0.1m>S≧0.01
県内の活断層の例 県内には無し
*全国
中央構造線
糸魚川─静岡線
丹名断層(静岡県)など
布田川断層、波野断層、日奈久断層、原倉断層、鞍岳断層群、菊池断層、産山断層群、大観峰断層群 白木断層、尾田断層、新深田断層、白旗断層、水俣南断層群、熊ノ岳断層、高原朝ノ迫断層、阿蘇外輪南麓断層群

  1. 地震の知識と発生の仕組み
  2. 熊本県の地震とその被害
  3. 熊本の地震発生を予測!
  4. 耐震・制震・免震とは?
  5. 6つの耐震チェックポイント
  6. 耐震診断の流れと調査内容
  7. 耐震リフォーム会社の選び方
  8. 住宅購入から10年間で最大200万円控除
耐震診断適合証明書のご案内をダウンロードするバナーです
リフォーム前の耐震診断ステップメール
都道府県
メールアドレス
草原住宅へのお問い合わせ・資料請求はこちら