補助金・助成金活用のススメ

平成26年度「長期優良住宅化リフォーム推進事業」 提案募集開始

平成26年度「長期優良住宅化リフォーム推進事業」の評価基準型 (補助限度額200万/戸)の提案募集が7月18日に開始されました。

★ 主な特徴 ★
●今回の募集は、リフォーム後の住宅性能のうち、すべての評価項目がS基準である。


●戸建住宅の場合は、[劣化対策・耐震性・
省エネ対策・維持管理&更新の容易性]の4項目になります。

●補助金の上限は対象工事費の3分の1以内で、上限200万(1戸当たり)となっています。

●補助を受ける為には、登録住宅性能評価機関によって、リフォーム後の住宅性能がS基準に適合しているという確認を受ける必要があります。
●提案型の名称が変わりました。これまでは、上限200万の提案を今回の募集より「評価基準型(2)」の表記になりました。 4月公募での上限100万の提案は「評価基準型(1)」に変更されました。

★ 工務店 単独提案の場合は2戸まで、グループ提案の場合は4戸までとなっています。

★ 応募期間は8月20日までとなっており、9月上旬をメドに採択を決定する見込みです。
是非この制度を利用したいと考えています。 お問い合わせは 096-242-1911 山本まで

補助金・助成金活用のススメ

政府の緊急経済対策を中心とした今年度の補正予算が決定しました。中でも「暮らしの安全・地域活性化」の重点分野の中で住宅に関する補助金です。

特別措置として国費で30万円を耐震改修について上乗せして補助金が拡充されています。

さらに国土交通省の住宅向けの補助事業としては省エネ改修を支援する施策が盛り込まれています。
これは省エネ改修工事にかかる費用の3分の1 として補助金の上限は1戸当たり50万円でバリアフリー改修を行う場合は25万円が加算されます。 最大75万円の補助が受けられます 😆

この緊急対策に乗り遅れないようにしなければと思います。

詳しくお知りになりたい方はご遠慮なくこちらへどうぞ お客様相談室 0120-117-998

草原住宅へのお問い合わせ・資料請求はこちら