住宅購入から10年間で最大200万円控除

住宅購入から10年間で最大200万円控除

2009年から、それまでに比べて住宅ローン減税制度が大幅に拡充されました。【中古住宅でも利用できます】

住宅ローン減税は、正式には「所得税の住宅借入金等特別控除」といい、住宅取得時における納税者の負担を軽減するため、住宅等の取得等のための借入金の一定割合を、一定の要件のもと、所得税額から控除するものです。

平成26年に入居した方の場合、その年から10年間、住宅ローンの年末の借入額(上限2,000万円)のうち1%が所得税から控除されます。
所得税から控除しきれなかった分については、97,500円を上限に住民税から控除されます。
10年間の最大控除額は200万円にも及ぶため、住宅購入者にとって非常に有効な制度であるといえます。

住宅ローン減税は、当初は新築住宅購入時に限定された制度でしたが、2009年居住分以降は一定の条件を満たした中古住宅でも利用できるようになりました。このため、中古住宅購入者にとっても非常にメリットの大きい制度です。

  1. 地震の知識と発生の仕組み
  2. 熊本県の地震とその被害
  3. 熊本の地震発生を予測!
  4. 耐震・制震・免震とは?
  5. 6つの耐震チェックポイント
  6. 耐震診断の流れと調査内容
  7. 耐震リフォーム会社の選び方
  8. 住宅購入から10年間で最大200万円控除
耐震診断適合証明書のご案内をダウンロードするバナーです
リフォーム前の耐震診断ステップメール
都道府県
メールアドレス
草原住宅へのお問い合わせ・資料請求はこちら