寝室のリフォーム

子供室を活かして寝室を分ける 寝室編【1】

この寝室リフォームについて

子供室を使って夫婦の寝室を分けたい。
布団の上げ下ろしが大変なのでベッドにしたい。
トイレ、洗面所も寝室の側に欲しい。

子供室を活かして寝室を分ける イメージ図

トイレを中心に寝室を分けます。
夫婦のプライバシーを保ちつつ、往来をしやすくします。
トイレを寝室に近づけて夜も安心、老後も安心です。

子供室を活かして寝室を分ける 施工前・施工後


バリアフリーのポイント
トイレと寝室の距離は近く
ワンポイントアドバイス
  • 床は、段差解消をして、クッション性もあり、足ざわりのよいコルクタイル貼にします。床暖房設備が出来ればなお快適です。
  • 建具は、引戸にして、操作性をアップします。
    洗面所への引戸は上吊りタイプのアクリル入にして、採光を考えます。
  • 子供室を活かして寝室を分ける ワンポイントアドバイス洗面所とトイレの壁は、下地を補強してタオル掛やフック、手すり等をいつでも取り付けられるようにしておきます。
  • 洗面化粧台は、カウンター埋込みタイプでフラットな洗面底は、コップ洗いなどにも便利です。カウンターはつかまり立ちにやさしい形状です。サイドキャビネットは、収納タップリです。
  • 照明は、クローゼット、洗面所は人感センサー付。
    トイレは換気扇連動にし、消し忘れを防ぎます。夜間の移動のためには、各寝室にフットライトを設置します。停電すると自動点灯し、取り外して懐中電灯として、使える器具もあります。
    寝室の天井灯は、ベット上でON、OFF出来るリモコン対応が便利です。
コンセントは出来る限り多く考えておきます。ベット廻りには、電動ベッド、電気毛布、手元灯用などを考えておきます。壁掛空調機はベッドに直接風が吹き付けない位置に付けましょう。

リモコン付の照明はこんなに便利。

point!ベッドに入ってから寝室の照明をON、OFFできれば、寒い冬は特に嬉しいものです。夜間、暗がりの中でスイッチを探す手間もありません。
留守番タイマーリモコンを使えば、留守中でも時間設定で灯が自動ON、 OFFでき、防犯にも役立ちます。 子供室を活かして寝室を分ける リモコン付の照明はこんなに便利。

草原住宅へのお問い合わせ・資料請求はこちら