身体にやさしい

成人病とヒートショック

室内の温度環境の変化による危険性について

急激な温度差が引き起こすヒートショック

身体にやさしい新築・省エネ住宅 成人病とヒートショック

「ハイブリッド・エコ・ハートQ」では、住宅の中に温度差を造らない全室暖房を最も重要なポイントとして上げてきました。これは、住宅の中に温度差を造ると、恐ろしいヒートショックが起こってしまうからです。ヒートショックは、心臓病やリュウマチ、脳疾患等の成人病の発症原因にもなります。ヒートショックとは、暖められた部屋から急に冷たい廊下などに出たとき、生体反応として体温を一定に保つために、血管が急激に収縮する作用をいいます。この時、血圧が130程度の健康な人でも急激に30ポイントも上昇し、160になりますが高齢者で高血圧の症状がある180の方ならば、一気に210の危険水準を突破してしまいます。そのために、急激に心臓や脳内血管がダメージを受け、血管が切れて成人病が発症してしまうのです。



全室暖房は、風呂やトイレ・廊下・寝室なども、居室と同じ温度でなければなりません。トイレでのいきみは、それだけでも血圧を上げてしまいますし、風呂場でも寒い脱衣所で脳卒中などが多く発症するのは、全てヒートショックが原因となっているのです。


<心疾患の死亡率(人口10万対)の年次推移>

心疾患の死亡率(人口10万対)の年次推移


<脳血管疾患の死亡率(人口10万対)の年次推移>

脳血管疾患の死亡率(人口10万対)の年次推移

注:全脳血管疾患は、脳出血と脳梗塞とその他の脳血管疾患のである。

くも膜下出血は、その他の脳血管疾患の再掲である。

資料:厚生省「人口動態統計」


一日のうちで血圧が最も低くなるのは就寝後の1~2時間だといわれます。寝ている状態から急に立ち上がると、それだけでも血圧は10ポイント以上、上昇します。高血圧症や心臓疾患のある方、高齢者が、就寝中に尿意を催して暖かい布団から出て、冷たい部屋の中で立ち上がろうとする時、最も危険な瞬間なのです。この温度変化による急激な血圧の上昇これが「ヒートショック」の正体です。家族の健康を守るためには、全室暖房で家中の温度差を極力小さくした空間とすることが基本原則となります。


感覚温度と健康について

私たちは、同じ温度条件であっても相対湿度を下げることによって体感温度は、低く感じます。それが夏のクーラー使用時における除湿による効果として先に解説しました。この様なことが可能なのは高断熱・高気密の高性能住宅だからです。夏の高気温には、室内の温度を機械的に下げるよりも湿度を低くすることで、外との温度差が少なく高齢者や幼児にも負担の少ない健康的な冷房になります。


<感覚温度(無風時)>


気温 相対湿度 体感温度
30℃ 100% 30℃
30℃ 80% 28℃
30℃ 60% 26.5℃
30℃ 40% 25℃

厚生省が発表している「脳卒中死亡率の気温に対する回帰直線によると、東京や大阪に比べ、寒冷地の長野・秋田は死亡率が非常にに高くなっています。これは、単純に寒冷地と温暖地の温度差によるものと考えられますが、寒冷地とはいえない群馬、鹿児島の脳卒中死亡者の数も少なくはありません。

塩分の多い食生活とか様々な要因も考えられますが、さらに寒い北海道では、逆に死亡率が全国平均よりも低くなっています。

これは、住宅性能が高く、断熱性や気密性による温度差が少ない住宅の性能の違いにある事が、最近の医学と建築学の研究から明らかにされています。住宅性能が確かで全室暖房による室内の温度差が少ない住宅が、ヒートショックを防ぎ、一年を通じて温度差による負担を身体に掛けないことによるものといえます。


<脳卒中死亡率の気温に対する回帰路線>

脳卒中死亡率の気温に対する回帰路線





シックハウスとアレルゲン

その他の住宅病の原因と対策について

アレルゲンになるカビ・ダニを育てる原因は結露です
■アレルゲンになるカビ・ダニを育てる原因は結露

身体にやさしい新築・省エネ住宅 シックハウスとアレルゲン

適度な温度と水分(温度25°C、湿度80%以上)があればカビは様々な建材を栄養分として繁殖します。住宅に生えるカビの種類は300種類を越えるといわれ、人体に悪い影響を及ぼすダニの餌になるだけでなく、直接人体に入り込みアレルギー性疾患の原因になったり、肺や脳の中に入って死に至ることさえあります。カビが原因でなくなられた方は年間2万人にも及んでいるようです。

したがって、どんな高価格で建てた住宅でも、毎年カビが発生するような住宅では困ります。カビが発生するということは、日常的に結露が発生していると考えられます。窓辺や内壁にカビが付着しているという事は、目に見えない壁の中、つまり断熱材の中に結露が発生し、カビが発生しているという事です。その胞子がアレルゲンとして室内に充満しているという事になります。



ダニもまた、60%以上の湿度と20~30°Cの温度という条件下ではカビや人間のフケ・アカなどを絶好の餌として増え続けます。ダニは、タタミやカーペット、寝具にまで入り込んで生息し、その死骸・フン・抜けガラ等が呼吸とともに人体に入ることによって、アレルギーや喘息などを引き起こします。また、産卵期には人体から吸血するものまであります。


■カビのメカニズム

カビは微生物の一種で、正式には「真菌」と呼ばれます。

カビの一生は、まず建材や食品などの基質の表面に胞子が落着する事ではじまります。そこで適当な水分と温度条件が揃うと出芽し、やがて基質中へ菌糸を伸ばし、盛んに分枝しながら生育していきます。生育に必要な栄養物は、自らが体外に分泌した酵素や有機酸で基質中の栄養物を分解し、菌糸の細胞膜から水溶液の形で体内に吸収します。生育条件が良ければ、化学合成を活発に行い、いつまでも増殖していきます。

カビに栄養分として吸収された建材は、ぼろぼろに腐っていき耐久性を弱めてしまいます。



■カビの発育範囲

身体にやさしい新築・省エネ住宅 シックハウスとアレルゲン

表は湿性カビ、乾性カビの発育温湿度の概念図であり、一般にあるカビは、ある建材に対しこの表のようなある特定の発育温湿度範囲をもち、木材については(A)の範囲となります。

※その他の建材については、温度についての湿度範囲は常温(約20°C)のデータ以外にまだ試験されていない。


■カビによるアレルギー

現在、日本人の2%にあたる約200万人、更に16歳末満では7%が喘息を患っているという医学的な調査もあります。

カビは室内粉塵(主成分はダニの死骸と糞)に次いで、第2位の喘息アレルゲンとなっています。先にも述べたようにカビの発生している家はダニも多く生息していることを考えると、カビと喘息の因果関係の大きさが分かります。

また、喘息以外のアレルギー症として、過敏性肺炎、鼻アレルギー、アレルギー性結膜炎のアレルゲンとしても知られています。


■カビによる食中毒

毒キノコの他に、カビが造るカビ毒としては、10数種類が明らかになっています。それが誤って食品に付着した場合、中にはアフラトキシンの様に強い発ガン性をもち、熱に対しても強い抵抗力を持ち、肝障害や中枢神経の障害、中には流産を引き起こすカビも存在しています。

決してたかがカビと侮ってはいけないのです。


■ダニとアレルギーの関係

喘息や鼻炎、アトピー性皮膚炎などのアレルギー反応を引き起こす原因物質をアレルゲンといいますが、ダニはその生体、糞、死骸の全てがアレルゲンとなります。また、ダニに刺されてもアレルギー反応が起こり、この場合にはダニの唾液がアレルゲンになっています。

アレルギー反応は医学的には抗原抗体反応の一形態で、ダニアレルギー症には、喘息、鼻炎、結膜炎、アトピー性皮膚炎などを引き起こすI型反応(即時型)とダニ刺されに代表されるIV型反応(遅延型)があります。


■ダニによる健康被害

温度20~30°C、湿度60%以上の高温多湿の環境でダニは発生しますが、ダニは室温4°Cでも湿度が60%以上あると生存することができます。したがってダニの生育環境は、温度よりもむしろ湿度が関係してきます。

換気が悪いと湿度が高くなりダニが増加します。逆に、最も低湿度で生育するヒョウダニでも、相対湿度が50%以下になると約11日で死んでしまいます。したがって、室内湿度を50%以上に上げなければ、ほとんどのダニが死滅してしまうことになります。


<健康に対する最適湿度範囲> <ダニの増殖と相対湿度>
健康に対する最適湿度範囲 ダニの増殖と相対湿度

■主なダニの種類

小児喘息では、8割以上がダニがアレルゲンになっているといわれています。住宅の中で見つかるダニは30~40種類にも及びますが、代表的なものは、以下の3種類です。


チリダニ

一般住宅では畳1枚当たり9万匹以上のダニがいるといわれていますが、その内、70%以上を占めるのが、このチリダニです。チリダニの糞や死骸が空中に浮遊し、それを人間が吸うとアレルギー性鼻炎や喘息の原因になります。


ツメダニ

ツメダニは主にカーペットの中等に棲み、羽毛や羊毛布団に集まるチャタテムシを食べに布団に集まります。その時に人間に噛みつき、かゆみを与えるのは、このツメダニです。


ケナガコナガダニ

ケナガコナガダニは、カビを好物として生育する食品害虫です。チーズやお菓子、唐辛子等から検出され、このダニに汚染された食品を食べると腹痛など様々な健康被害を受けてしまいます。





シックハウスの有害物質

ホルムアルデヒド

ホルムアルデヒドは、我々の身の回りでたくさん利用されています。例えば、フェノール樹脂、 ユリア樹脂、メラミン樹脂、農薬、合板類、脱臭剤、写真用品、消毒剤、防カビ剤などです。室内の発生源は、これらを使った各種の建築資材、事務機、家具、衣類など多種多様になっています。



ホルムアルデヒドの人体への直接影響は、皮膚疾患や気管支炎、喘息などがあり、慢性影響では肺活量の減少など呼吸器系へ及んでいます。ホルムアルデヒドは通常35%~38%の濃度で水に溶かして市販されています。皆様が消毒液として最もポピュラーに知られているホルマリンの事です。



住宅内に発生する有害物質のなかで、最も問題になるのが建材の接着材や合成樹脂に含まれるホルムアルデヒドです。ホルムアルデヒドの身体に及ぼす影響は、喘息などでは、0.25~0.5ppmの被爆量で発作を起こし、常に基準値以上のホルムアルデヒドを吸収しているとアレルゲンになったり、発ガン物質になってしまいます。



ホルムアルデヒドの室内基準は日本では、明確に定められておらず、労働環境基準で0.5ppmとなっているだけです。海外では厳しい室内基準が決められていて、0.1ppmと日本よりずっと低くなっています。

日本も数年内に海外並みの厳しい室内基準が設けられる動きがあり、厚生省の「健康住宅関連基準策定専門部会」の化学物質小委員会が提示した指針値では、0.08ppm以下とされています。化学汚染物質アレルギーの人々が急増している現実を見極め、可能な限り、安全な素材を使用しなければなりません。


<ホルムアルデヒド吸引時の身体症状>


暴露量 症状
0.5ppm 明らかに臭気を感じる
1~2ppm 目や鼻への刺激が起きる
5~10ppm 強い刺激を感じる
10~20ppm 涙、セキが出て深呼吸ができなくなる
50~100ppm 深部気道障害や炎症を招き死亡することがある

ホルムアルデヒドとはどんな物質か?

ホルムアルデヒドとは

ホルムアルデヒドとは水素H、炭素C、酸素Oから成り、分子構成はHCHOで製造方法は、メチルアルコールから工業的に製造されます。

ホルムアルデヒドはきわめて化学反応が強く、尿素、フェノール、メラミンなどと化合し、接着剤の基となる、ユリア樹脂、フェノール樹脂、メラミン樹脂となります。木材の接着剤、パーティクルボ一ドの結合材、コンクリートの高性能減水剤、屋内用アミノアルキド樹脂塗料の原料などとして、建築に多用されます。

条件によっても異なりますが、ホルムアルデヒドを含む建築材料を使用した新築住宅の空気中のホルムアルデヒドの濃度は、初期に高い数値を示し、日数の経過とともに減少し、2~6週で初期の3分の1に、約90日でほぼ一定値までさがりますが、長期間経過しても室内空気中のホルムアルデヒドがまったく無くなることはありません。それは、接着剤に使用されている場合には、未硬化のものが揮発し、遊離ホルムアルデヒドとして室内に充満します。これが新築病の原因となるものです。

更に建材に使用されたホルムアルデヒドが建築後に加水分解を起こし、いつまでも放散を繰り返すもので、これを潜在ホルムアルデヒドと呼びます。これが消えるまでは、少量であってもホルムアルデヒドの被害は無くならないのです。


塗料
■塗料に含まれる有害有機溶剤も注意が必要

室内の壁、天井に使う塗料の溶剤として使用されているトルエンやキシレンなども身体にとって有害な物質です。

塗装面積が広いことや、木部まで深く染み込むため揮発性物質が、いつまでも残留し日数がたってもなかなか室内から無くなりません。塗装材料は、食べても安全な食品衛生法をクリアした塗料がたくさん発売されていますので、できるだけ安心な塗料を使用することが必要です。


<ホルムアルデヒドの室内基準>


室内基準
アメリカ 0.2~0.5
デンマーク 0.12
スウェーデン 0.1(新築)
オランダ 0.1
ドイツ 0.1

参考:ホルムアルデヒド 労働環境基準

[日本 0.5(産業衛生学会)]


■ホルムアルデヒドより怖いラドン

ホルムアルデヒドよりも恐い物質として最近注目されているのが、土中から発生するラドンです。ラドンはウラニウムが崩壊する過程で発生するもので土壌中に発生し、一部建材にも含まれている希ガスに属する天然放射性気体元素です。ラドンガスの濃度は、地表面で0.1~10(平均3)ベクレル(Bq/m³) 程度ですが希に高い濃度を記録する場所もあり、一定ではありません。密閉された室内や地下室で濃度の上昇がみられます。ラドンの人体影響は低濃度の長期被爆で、肺がん・鼻腔がん等が問題となっています。


換気を計画的に行うことで室内の有害物質の排除が可能です

身体にやさしい新築・省エネ住宅 シックハウスの有害物質

ホルムアルデヒド等の揮発性有機化合物(VOC)に対する有効手段は、それらをなるべく含まない建材を使用することと共に、計画換気が重要です。VOCは、自然素材である木材からも発生しています。それらをアレルゲンとする方々は、いかにノンホルム素材の中にいても症状が現れてしまいます。解決策は、計画換気で新鮮空気と汚染空気とを入れ替えることしか方法はありません。特に性能が高い高気密住宅では、計画換気は不可欠のものです。

高気密住宅で必要とされる換気量の目安は、必要換気量0.5回/hを満たす事が出来れば、許容濃度くらいまで緩和できます。この場合は、JASにおけるF2(平均5.0mg/l以下・最大7.0mg/l以下)クラスまでの建材を使用した場合でありF3クラスの建材を使用した場合には、換気システムだけでは不十分です。



VOCに関しては、個人の体質の問題もあり、一般の人では反応しない濃度の化学物質であっても、過敏に反応する超過敏症体質の人もおり、見た目だけや過去の症例だけでは判断できません。

このため「ハイブリッド・エコ・ハートQ」では、できる限りノンホルム素材を使用し、それ以外でも高品質のFl・EOクラスの建材を使用しています。





住環境の中の有害物質

人に優しい素材を使用した科学と経験が生かされています

家庭内に潜む有害物質

<家庭内に潜む有害物質>


材料 有害有機化合物
ペンキの溶剤 トルエン、キシレン、トリメチルベンゼン、ノナン、デカン
水生ニスの溶剤 アセトン、ISO-プロピルアルコール、n-ブタノール
ラッカーの溶剤 トルエン、キシレン、酢酸ブチル、n-ブタノール
ビニルクロスの可塑剤 フタル酸エステル系(DBP、DOP)リン酸トリクレシル(TCP)
壁紙類の難熱加工材 リン酸トリエステル系(TBT、TCEP)
壁紙類の接着剤溶材 酢酸ブチル、n-ブタノール、トルエン、キシレン
木工用接着剤溶剤 酢酸メチル、酢酸ビニル、酢酸エチル
床ワックス トリメチルベンゼン、ブチルベンゼン、デカン、エチルトルエン、キシレンなど
畳の防虫加工材 ナフタリン、フェニチオン、フェニトロチオン(スミチオン)、ダイアジノン
木材、土壌の防蟻剤 クロルピリホス、S-421、ホキシムほか多数

(出典:「建築知識」より)


換気による有害物質の排除

高断熱・高気密住宅は、冷・暖房機器の熱負荷軽減から、省エネルギ一をめざす国の要請に応えた住宅です。正しく施工されていれば、省エネルギーで快適な空間を提供できるはずでしたが、すでにご説明しましたように、様々な施工上の問題やアルミサッシなどの素材の問題から結露の発生を引き起こし、住宅の耐久性能を弱め、カビやダニが発生して住宅が引き起こす病気などが問題化されてきました。

この様な結露の問題と共に高気密による室内の空気汚染や建材や接着剤などに含まれる化学物質ホルムアルデヒドやVOC(揮発性有機化合物)など、住まいにおける健康を阻害する様々な要因がクローズアップされてきました。

これらの結露・カビ・ダニ対策と揮発性有機化合物対策が、健康住宅の大きなテーマとなっています。生活の中で生じる余分な水蒸気・粉塵や生物的汚染物を人体に悪い影響を及ぼさないように排除し、新鮮な外気を供給し、住まいと人の健康を守るのが計画換気です。

健康住宅と「高断熟・高気密・計画換気」は密接な関係にあります。室内の有害物質の排除は、なるべく有害物質を発生させない素材を使用することと、計画的な換気でしか解決出来ません。


<主な有害有機化合物の特徴>


有害有機化合物 特徴
トルエン 芳香属系炭化水素の無色・可燃性液体。突然変異原性あり
キシレン 芳香属系炭化水素の透明な液体
DBP(ジプチルフタレート) 無水フタル酸とアルコール類のエステル化でつくられている。動物実験により催奇形性、発ガン性。中枢神経の低下、胃腸障害
TCP(リン酸トリクレシル) 無色無臭液体。消化管、肺、皮膚から吸収され、中枢神経障害
酢酸ビニル 芳香属系炭化水素の無色液体。発ガン性の疑いあり
デカン 液体。動物実験により発ガン性

(出典:「建築知識」より)


シックハウス症候群
■住宅の室内汚染の現状>

最近の住宅の室内汚染源はあまりにも多く、これだという指摘が出来ないのが現状です。現在、社会問題にもなっているダニ・カビ・結露は、住宅の性能不備に起因しますが、他にも日常生活で電気掃除機を使用しての空気中に浮遊する粉塵、床・壁・天井や家具等に使われている建材、接着剤、塗料、防虫剤による有害物質の拡散。また、床下の白アリ殺虫剤も基礎から室内に上昇してくるなど、住宅の室内は汚染源に満ちています。その他、テレビの電磁波、観葉植物の農薬、蚊取り線香の煙(殺虫剤)、タバコの煙に含まれるベンツピレンなど、現代は室内汚染の発生源に囲まれた生活を強いられています。


■VOC

身体にやさしい新築・省エネ住宅 住環境の中の有害物質

ガス状物質にはCO、CO2、ホルムアルデヒド、ラドン、アスベスト等があります。これらの有害物質に対して人間はほとんど抵抗力がないので、化学物質の昇華ガスや農薬等が蓄積されると原因不明の疾病にかかります。その代表的なものがアトピー性皮膚炎でした。この頃ようやくその原因がホルムアルデヒドや、ダニの死骸やカビの胞子などのアレルゲン物質に有ることが分かってきたのです。更に、空気中の汚染物質は肺に取り込まれると、血液と一緒に全身に回り、食べ物として口から入るよりずっと人体への影響が大きいのです。


■新建材・接着剤の危険性

室内汚染が悪化しているなかで特に建材、接着剤から発生する汚染物質が問題になっています。新建材、接着剤が使用された当初、いわゆる気密・断熱施工がいい加減な時代では、大量の自然換気によって身体への悪影響はそれほど目立ちませんでしたが、それから30年程経過した現在では、化学汚染物質の被害を訴える声を頻繁に聞くようになりました。住宅の高気密化と共に、この様な化学物質は習慣的な蓄積性があり、長年暮らしていくうちに、その化学汚染物質の影響が病いとして現れてきた結果ともいえるのです。






九州住環境研究会
新着情報
現場ダイアリー
草原住宅の家づくり
お客様の声
よくあるご質問
よくいただくご要望
補助金助成金
活用のススメ
補強工事は
リフォーム時が
得する訳
従業員募集中