工法の違い

「ハイブリッド・エコ・ハートQ」と一般工法

一般在来工法「2×4」と「ハイブリッド・エコ・ハートQ」の断熱施工方法の違い

「ハイブリッド・エコ・ハートQ」の断熱工法

新築・省エネ住宅の工法の違い 「ハイブリッド・エコ・ハートQ」の一般工法

「ハイブリッド・エコ・ハートQ」は、内断熱工法と外断熱工法の改良型工法ともいうべきもので、断熱材に水を吸わないDDSボード(抽出法ポリスチレンフォーム)を採用し構造用合板と一体施工で完成時は2×4と同等の強度を持つ高性能断熱壁パネル工法を採用しています。

DDSボードは、両面をアルミ箔で覆い遠赤外線の放出を防ぐ優れた断熱・気密パネルで高断熱と高気密性能を同時に実現すると共に、外壁が重量によって剥落するなどの外断熱工法の危険性を克服した工法です。小屋裏はブローイングによる吹き付け断熱を採用しています。

一般在来工法「2×4」の内断熱工法

新築・省エネ住宅の工法の違い「ハイブリッド・エコ・ハートQ」の一般工法

一般在来工法や2×4工法で多く採用される断熱工法は、グラスウール・ロックウール等の繊維系断熱材を使用する内断熱工法です。

繊維系断熱材は、水を吸うという特長があるために、室内面に防湿フィルム等で完璧に防湿対策を採らないと壁体内結露を引き起こす危険性があります。


一般在来工法「2×4」の外断熱工法

新築・省エネ住宅の工法の違い「ハイブリッド・エコ・ハートQ」の一般工法

スチレンやウレタンボードなどのプラスチック系を利用し、屋根や壁、土台、床下までボード状断熱材でスッポリ覆う工法です。

この工法の特徴は、小屋裏を利用することが可能な工法で、断熱材も水を吸わない断熱材を使用するため、一般的な内断熱工法よりも有利な点もあります。特に出隅・入り隅の少ない北方型の住宅には有利です。

欠点としては、断熱材の上に外壁材を施工するために、重さで断熱材がはがれて、気密性を損なったり、構造躯体が弱いと、地震などの横揺れで、断熱材同士がぶつかりあってお互いにつぶしあい、復元性がないので断熱材と断熱材の間に隙間が出来てしまう危険性があります。


<住宅に使われる断熱材(種類、熱性能、長短所)>

分類 無機繊維系 発砲プラスチック系
断熱材料名 グラスウール 押出法発泡ポリスチレン 硬質ウレタンフォーム(イソシアヌレートフォーム)
形状 吹込用塊状 マット状 板状 板状
主原料 ガラス原料を高温度で溶かし、繊維にし、加熱炉で加圧整形したもの ポリスチレン、発泡剤などを押出機で混和融合し、押出連続発泡形成したもの 液体原料を混合し、短時間に高分子化と成形を同時に行ったもの。
密度(kg/m3) ~20~ 10~32~ 20~ 25~45~
熱伝導率(kcal/mh°C) ~0.035 0.032~0.045 0.024~0.034 0.021~0.022
透質係数(g/m²h・mmHg) 非常に大きい 0.07以下 0.11以下~0.07以下
製品厚さ(mm) 50~ 50~200 20~100 10~150
最高使用温度(°C) 300(不燃) 300(不燃) 70 100
特長と性質
  • 不燃材料の認定
  • 有毒ガスの発生なし
  • 吸音性、防音性に優れる
  • 軽く、柔軟性・弾力性あり、切断も簡単
  • 湿気に弱い、防湿層を室内側に設ける(内断熱)
  • 湿気がなければ耐久性に優れる
  • 施工者に性能が左右されやすい
  • 吸水・吸湿性が少ない
  • 防湿層は一般的に不要
  • 高い強度を持つ
  • 火に近づけない
  • 長時間直射日光にさらさない
  • 接着剤の選定に注意
  • 軽くて弾力性がある
  • 取り扱いやすく加工性に優れる
  • 吸水・吸湿性が少ない
  • 防湿層は一般的に不要
  • 高い強度を持つ
  • 火に近づけない
  • 長時間直射日光にさらさない
  • 接着剤の選定に注意
  • 軽くて弾力性がある
  • 取り扱いやすく加工性に優れる
  • 現場発泡品は強い
  • 自己接着力がある

間違った断熱施工による不都合

断熱材の施工法を間違えると結露が発生してしまうことについてはすでに述べましたが、断熱材は厚ければ厚いほど良いというものでもありません。例えば、グラスウール断熱材などで、冬に断熱材に蓄熱された熱があるとすると、過度に断熱施工している場合には、なかなかその熱が抜けないということがあります。更に物質には、人間を含めて遠赤外線を放出する性質があります。断熱材の中にはその放出量が多いものもあります。したがって冬は暖かくて快適だけれど、夏暑いという現象が生まれてきます。断熱材の量は、あまり厚すぎてもいけません。例えば、春先の少し寒いときにはカーディガンで充分なのに厚手のコートを着ると逆に不快になるのと同じ現象が起こります。断熱材は適度に、自然の輻射熱や対流が気持ちの良い温熱状況を作り出すような程度の断熱材で充分なのです。過ぎたるは及ばざるが如し。



躯体の強さと断熱材の施工には、大きな関係があることを先に述べましたが、建築当初は高い性能であるとしても、経年変化で住宅の断熱性能が低下する住宅では、意味がありません。特に台風や地震などで、住宅はいつも揺らされることを想定して下さい。揺れに強い確かな構造を持つ住宅でなければ、断熱性能も気密性能もすぐに落ちてしまいます。「ハイブリッド・エコ・ハートQ」では、このようなことから開発思想の一つに高耐震をうたっています。揺れても充分なクリアランス(隙間)を設け、そこが気密不良にならないように工夫した「断熱壁パネル」を採用し、高耐久性構造躯体と高断熱・気密性能「断熱壁パネル」の融合で、理想的な住環境をお約束いたします。







九州住環境研究会
新着情報
現場ダイアリー
草原住宅の家づくり
お客様の声
よくあるご質問
よくいただくご要望
補助金助成金
活用のススメ
補強工事は
リフォーム時が
得する訳
従業員募集中