このトイレリフォームについて

トイレはひろいのですが収納もないし味気ない。
快適なトイレに出来るでしょうか。

収納タップリトイレをギャラリーに イメージ図出来るだけ収納をとり、トイレの小物が、収納できるようにしています。
壁面には、趣味の小物や額を飾れるようにしておけば、味気ないトイレもギャラリー気分になります。
収納タップリトイレをギャラリーに 施工前・施工後
収納タップリトイレをギャラリーに イメージ写真
バリアフリーのポイント
便器の向きは、立ったり座ったりを考えて慎重に
ワンポイントアドバイス
  • システムトイレは、個別に選ぶ手間が省け、まるごとセットで好みにあった空間が選べます。
  • 便器は、掃除のしやすい便器です。タンクの無い便器と、キャビネットの組み合わせで、キャビネットのカラー次第でトイレらしくない優雅な空間にもなります。
収納タップリトイレをギャラリーに 掃除のしやすい便器
  • 手洗い器は、カウンターと並べて収納付きです。手洗い器キャビネットは壁付タイプなので床面の清掃も手が入り、らくにできます。
  • 建具は、クローザー付引戸に替えて、開閉も簡単になります。通過後、自動的に閉まる自閉式です。
  • 照明は、スイッチを換気扇と連動させ、照明も換気扇も消し忘れなしです。便器の真上の天井に照明をつければ、排泄物のチェックもしやすくなります。
  • 床は、長尺シートなどの掃除しやすい床にします。掃除のしやすさからタイル貼にすることもありますが、冬場の冷んやり感や転倒時の衝撃を考えると、決しておすすめではありません。
壁は、額や手すりの付けられる下地でキャビネットに合うクロス貼で個性的なトイレになります。壁面に飾るものが沢山あれば、それだけでカラフルになりますので、その際は壁はシンプルなクロスにします。

便器の前のスペースは、どの位必要?

point!便器の前のスペースは、どの位必要?便器から立ち上がる際、一度前屈姿勢をとりますので、便器の前に500ミリ程度のスペースが必要となります。
特に、お年寄りの場合は、極端に前屈しますので、動作寸法を出来るだけ大きくとることが望まれます。
座ったり立ったりがしづらくなったお年寄りには、便器の前に立って座らせたり、手を持って引き上げたりする介助をしますので、そのためにもスペースが必要です。