水回りのみやその部分のリフォームの場合は、住みながらのリフォームが基本になりますが、全面リフォームとは違い、引越しや仮住まいの必要がありません。 新築・建て替えに比べ低予算で最新の設備機器への交換などが可能です。
ですから、今のお住まいのままで広さは変わりません。また耐久年数は平成12年以前の建物は、
現在の新築に比べ構造補強を行えば変わらないくらいの強度を増すことも可能になってます。
構造部分の補強については目に見えてきれいなったりすることはないのですが、リフォーム前に耐震診断を行い、要所の耐震補強行う方が増えております。

住宅エコポイントの対象になりますので検討する価値があります。

●デメリットはリフォーム内容が既存の構造、間取りによっては制限がある為、新しい計画プランにもその範囲で検討する必要があります。

リフォームでも新築同様に十分きれいで住みやすい家にすることができます。

低予算で抑えたいという方や、いついつまでに住み始めたいと工期に期限がある方にはリフォームをおすすめします。